Wterm miniを研修に導入して

 wterm miniを導入した当初の目的は、研修の配信画像の
品質を向上するためです。
Webカメラでは画面が暗かったり、ゆがんだり、ホワイトボードを
多用する講師にとっては、撮影画像が悪いことが問題でした。

 wtermを使うと、ビデオカメラ、デジカメなどの高品質の画像を、
ウェブ画像として得られるため、通信品質に気を配れば、映像にかなりの
改善がありました。

 副次的な効果として、講師が操作するパワーポイントの画像を、
WEBカメラの映像として取り込めるというものも有ります。
講師がZoomの画像共有の操作をしなくて良いと好評でした。

 当方では入力端子の1に講師を撮影するカメラを接続し、
入力端子2にホワイトボードを撮影するカメラ、入力端子3に
講師が使うパソコンのHDMI出力を分配機で講師のサブディ
スプレイとWtermに振り分けて入力して、切り替えてます。

金にならない副業

この2枚の絵は職場の広報イベントのために上司から発注を受けて描いたものです。ラフスケッチを見せて構図の了承を得て、休日の半日をかけて仕上げました。うちの職場、結構無茶振りするもんで(私は1級土木施工管理技士の資格を持つ土木屋ですが)研修用の案内動画を作れとか、ナレーションだけじゃ寂しいから音楽をつけろとか。

動画のナレーションはアプリを購入してもらって(商用使用が可能のもの)、音楽はバッハの有名なメヌエットを私がDTMで作成したものを使ってます。音楽は休日に自分のパソコンで作りました。ここまで来るとシステム運用の業務を逸脱してるので、いいんだろうかと思いつつ、業務のより良い結果を目指してやってます。何より案内動画のおかげで私と研修担当の業務が随分と楽になったから、よしとしましょう。

Aterm Miniの活用

 新型コロナの感染防止のため、職場の研修が集合形式から、ウェブ配信形式(実技研修を伴うものをのぞく)にかわり、講師や研修担当から、画質等の配信品質向上や様々な要望を寄せられた結果、USB接続のWebカメラから、Aterm Miniの活用に行き着きました。おかげさまで板書を行う講師には大変好評です。Aterm Miniを使うとビデオカメラやデジカメをカメラに使えるので、画質が良くなります。パワーポイント主体の講義ですとカメラの品質はそれほど問われないのですが、ホワイトボードに板書される講義ですと、Webカメラでは画質に無理があります。
 カメラについては、職場にソニーのHDR-CX680があったので、それを使いました。

 このビデオカメラは添付のHDMIケーブルや、HDMIタイプDのケーブルをつなぐだけで、特に設定もせずに、Aterm Miniに映像を送ることができました。(ビデオカメラによっては、HDMIパススルー(リアルタイムの撮影映像の出力)に対応していない機種もあることから、確認を要します。普及タイプのビデオカメラですと、録画した映像の出力しかできない機種も有ります)


 ただ、講義の内容によっては二つ以上のカメラがあった方が便利と言うこともあり、予備のカメラを含めて2台のデジカメを導入することにしました。デジカメはHDMIパススルー出力に対応する、キヤノンのPower Shot G5X Mark2 を選定しました。ただ、パワーショットは設定をうまくしないと、映像に撮影情報が写りこむので、注意が必要です。まず、右側にあるモード設定のダイアルを動画モードにすること。また、設定のメニュー画面のHDMI出力解像度を1080Pに設定するとクリーンな映像が得られました。ただ、ソニーのビデオカメラに比べると、パワーショットは背面のモニターで映像を確認できないのが難点です。ビデオカメラですと、ビデオカメラ本体のモニターで配信画像が確認できるので、構図を常に確認する場合は便利です。


 当方ではAterm mini にカメラと講師が操作するPCのHDMI出力を接続し、講師の映像とパワーポイントの画像を切り替えています。講師を撮影するカメラをATERM のHDMI入力の1に接続すると、講師の画像をパワーポイントの画像の隅に合成する(ピクチャー イン ピクチャー機能)ことができますので便利です。パワーポイントの構図によっては、講師の映像が映り込むと、かえってじゃまなときもあり、その場合、講師の画像を消すことができるので、Zoom等の画面共有より、融通が利きます。